スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「バビロンの川のほとりで・・・」

こちらに来てからあっという間に2ヶ月が過ぎ、もう8月に入りました。
ウルパン(ヘブライ語の授業)も第二期目です。
レベル「アレフ」(英語で言うA)から「ベート」(B)に上がり
少し複雑な文法を学べるようになってきました。

語学の勉強というのは、大変ではありますが非常に面白くもあります。
それまで読めなかった言葉がわかり、言えなかった表現ができるように
なってくるのは、不自由さから解放される感じがします。
少しずつ、氷が溶けていくようにジワジワとした変化が自分の中で
起こっていくのをときに実感します。

最初は暗号にしか見えなかった文字が、不意に意味をもって現れてくる
ような楽しさ。買い物の包装や、スーパーのレシートに書かれた文字、
バスの行先表示などが読めるようになるのは、うれしい収穫です。
この調子で早く新聞が読めるようになればいいのですが。

新しいクラスでは、何人かのパレスチナ人の学生さんと一緒になりました。
わからない言葉の説明の助け舟を、こんどは先生がアラビア語で出しています。
ヘブライ大学で学ぶパレスチナ人の学生のうち、ヘブライ語の習得が
十分でない人は、学部の授業を取る前にウルパンで勉強をする必要があるようで
彼らは言ってみれば大学にとって大手のお客さんでもあるのです。

教育システム上、みたところウルパンにいるパレスチナ人は
エルサレム在住者が多いようです。イスラエル国籍のある1948年占領地域の
パレスチナ人は、既に高校までのカリキュラムで十分にヘブライ語を学んでいる
人が多いのでしょう。
エルサレムのパレスチナ人は彼らとは異なる法的地位にあります。

同じセム語系の言語(アラビア語)が母語であるせいか、彼らの習得速度は
目覚しいものがあります。同じレベルのクラスにいても、読む速度や
音読のスムーズさ、新しい説明への理解の速さが自分とは桁外れに違うのを感じます。
「アラビア語をやっていれば、ヘブライ語の習得は速い」
とよく言われるのですが、私の場合まだヘブライ語の文字が目になじまず
読むのにかなり時間がかかってしまいます。

ヘブライ語やアラビア語には母音の表記がないため、子音の羅列のみで
意味と音を推察して読んでいく必要があります。そのため表記が
文法的に解釈できないと、正確な母音が分からないのです。
アラビア語の場合、慣れがあるせいかパッと見で語根(意味の基礎となる
主要な文字)が拾えるのですが、ヘブライ語では私にはまだまだ。

とはいえ私にとってアドバンテージなこともあります。
ユダヤ教やイスラエルの歴史に関する知識がある、ということは
イデオロギー色の強いウルパンのテキストを読む上で便利です。
「イェシバー」(ユダヤ教徒の学校)、「ミシュナー」(ユダヤ教徒の
聖典のひとつ)といった言葉や、旧約聖書の一節など、
パレスチナ人には馴染みの薄い内容がたくさん出てくるからです。

ヘブライ大学のウルパンでは、政治的・宗教的な内容については
非常に慎重な説明や言葉遣いがされます。
つい先日からラマダーン(イスラームの断食月)に入ったため
パレスチナ人の学生の大半は断食中なのですが、そうすると教員は
説明の際に「食べ物の例はやめましょうね」と断って別の例を選んだり。
別にクレームが出るわけではなさそうですが、問題が起こるのを
極力避けているのでしょう。

しかし授業を取る外国人の学生はそんなことには無頓着です。
意識すらしてないのでしょうが、聞いていてこちらがヒヤッとする
ようなことを平気で授業中に述べたりします。

タナフ(ユダヤ教の聖書、に出てくる古代)ヘブライ語を前の学期で
学んでいた、というポーランド人のアレクサンダーも然り。
私がアラビア語で話すのを全く意に介さず、むしろ面白がって
聞いてるような彼なのですが、「泣く」という動詞の活用の例として
「素敵な例文を書いた」と誇らしげに読み上げたのが次の一節でした。

“バビロンの川のほとりで私たちは座り泣いた。シオンを思いながら・・・”
まさかと思いつつ聞いて、ドキッとしたのはおそらく私だけ?
ユダヤ人の学生にとっては聞きなれたフレーズでしょう。
うまく聞き取れなかったパレスチナ人のサジャが「もう一度言って」
と頼んで、繰り返されるのを、なんだか私は居心地悪く聞いていました。

この言葉は、バビロン捕囚中のユダヤ教徒が、流浪先の地でエルサレムの
破壊された神殿を想いながら偲んで詠ったとされるフレーズです。
(旧約聖書の詩篇137篇1節より)
聖地エルサレムを指す「シオンの丘を想って泣いた・・・」というくだりは
「シオニズム」のまさに語源的表現ということもできます。
そのシオニズムに基づき占領され、土地を奪われたのはパレスチナ人。

繰り返された例文を聞いて、サジャが顔をしかめたのも無理のないことです。
授業はその直後に終わり、先生はアレクサンダーに「とても素敵な例文ね」
と嬉しそうに褒めていましたが、それも彼らにとっては当然なこと
なのでしょう。どんなに慎重に避けようとしても覆い隠すことのできない
紛争の影がそこに示されているように感じました。

(2011年8月1日分)
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

進級、おめでとうございます!

久々にお訪ねしたら、留学なさってるとのこと!驚きと尊敬でいっぱいです。
お盆、帰省しましたがAjina台はシニアで、Ajinaはジュニア(キッズ)で賑わってました(^^;
帰国なさったらChibaに遊びに来てください。
ご出版なさった著書も研究費で購入するよう今村くんにも言っときます。

No title

こんにちは。あっという間にウルパンも終わりましたね! ヘブライ語自体はそこまで複雑ではありませんでしたが短期間で多くのことを学ぶのは大変でした。寮のオフィスの小包配達掲示板に錦田さんの名前が書いてありました。寮のオフィスで聞いてみるといいですよ。
今は空港にいます。いろいろありましたがきて良かったです。あいこさんも頑張ってください!

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

錦田愛子

Author:錦田愛子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。