スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

始まった空爆

ガザ地区への空爆が始まった。
イスラエル軍による攻撃で、主目的はハマースの拠点粒しだという。
ネタニヤフ首相は、ガザ地区からのロケット弾攻撃が止まない限りは続けると言っている。

巻き込まれた民間人の犠牲はさっそく出始めており、
パレスチナ側のMa'an通信などはその実名を挙げて報道を始めている。
アラブのメディアでは、巻き添えになった子どもの炭化した焼死体の写真も報じられている。
報道規制から日本ではテレビ画面に映されることはないだろう
あまりにも悲惨な姿だ。

誤爆による犠牲は、もちろん非難されるべきことである。
ただ、それなら武装グループのリーダーならじゃんじゃん殺してもいいのか
というと、それも少し違う気がする。
戦闘で武装集団同士が殺しあうのは当然といえるかもしれない。
とはいえ、人間を空爆で殺す、ということ自体、かなりの異常事態ではないだろうか。
「犠牲になるのはいつも老人、女性、子どもばかり」というのは
あまりに多用され過ぎていて、何か大事なことが抜け落ちがちなレトリックのような気もする。
この問題は、もう少し丁寧に考えるべきと前々から思っているが
とりあえずここはこのくらいにしておく。

ともかくも、凄惨な形で命を奪われた人の報は、
まともに受け止めようとする人の心を深くえぐる。
それは強い悲しみか、激しい怒りを巻き起こす。
悲しみは人から気力を奪い、怒りは他の誰かに乱暴な形で向けられる。
それらは冷静な判断を妨げ、反応は負のスパイラルへと陥っていく。
私自身、ここ数日はそこからなかなか抜け出すことができなかった。

けれど事態の推移と展開を考えるには、やはりある程度は醒めた頭で
捉え直す必要があるだろう。
「イスラエルが空爆を始めたのは、誘拐事件が原因だ」
「空爆よりも誘拐事件の方が重要だ」(かわら版 9Jul2014
と書いている人もいるが、それは違うのではと私は考えている。
イスラエル政府が刻一刻と報じ、非難してきたのはハマースによるロケット弾攻撃であり
今回の空爆はそれを封殺するためのものだ。
人質事件は双方の世論に深い傷を残しているが、空爆には直接関係ないだろう。

より正確にいうなら、空爆は、最初の誘拐事件をめぐる
ハマースとイスラエル政府の応酬の行き着いた先、とも考えられる。
その過程では、双方の誘拐の犠牲者の生死は、極端に言うなら
あまり関係なかったかもしれない。

3人の宗教学生の誘拐事件が起きて、その捜索を口実に
イスラエルが西岸地区全土で(誘拐された南部だけでなく)
一斉検挙と拘束に乗り出した。
(この時点では学生の死は確認されていなかった)
そもそも政治囚の釈放にあまり肯定的でなかったイスラエル軍は、
釈放されたばかりの者も含めて、ハマース関係者を中心に
ここぞとばかりに400人以上を拘束した。
ハマースはこれに対して抗議のロケット弾攻撃をガザ地区から始めた。
(発射回数はムハンマド少年の遺体発見以前から既に急増している)
その頻度と飛距離が増えるに従い、イスラエル政府は当初躊躇していた
空爆に踏み切った、というのが流れだと私は考えている。

イスラエルの閣僚の間では、ネタニヤフ首相の対応がむしろ生ぬるすぎる
との批判が出ていた。タカ派で知られるリバーマン外相は
これを理由に連立を解消している(Ma'an 7 Jul 2014)。
特に軍の側は、あまりガザ攻勢に積極的ではなかったという。
もっと早い時期に空爆が始まるだろうと予想していた私にとっても
今回の攻撃開始は少し「二の足を踏んでいる」という印象を受けた。

躊躇されてた空爆に踏み切らせたのは、むしろハマースの攻勢だった。
昨年ごろより飛距離が伸び始めたガザ地区からのロケット弾攻撃は、
アシュケロンやベエルシェバなどをはるかに越えて、
テルアビブやエルサレム、ハイファの郊外にまで到達するようになった。
人的被害はまだそれほど出ていないが、時間の問題だろう。

戦略的にいえば、ハマースのロケット砲弾の飛距離が伸びるのは
あまり得策とはいえないかもしれない。
撃ったところでどうせ誰にも当たらない、飛距離の短いおんぼろロケット弾
だったからこそ、国際社会はあまり非難しなかったし、
火力の優劣の格差が示され、パレスチナ側に対する同情や
国際的な連帯を集めてくることができた。
それが人に当たり始め、軍事的脅威となり始めると、
以前、自爆攻撃が供したのと同様の物議をかもし始めることになりかねない。

ハイファ近郊まで届くということは、イスラエル側の主要都市はほとんど
その射程距離内に含まれるということになる。
首都機能を果たすテルアビブがしっかり砲撃対象になるということだから
イスラエルが自己防衛目的で本格的な攻勢を始めるのには
十分な口実になる。

だいたいハマースがロケット弾をどこに向けて撃っているのかも不明である。
聖地エルサレムを狙うには精度が低すぎるため、とりあえず真北に向けるのは
理解できるとして、テルアビブでもなく、ハデラやズィフロン・ヤアコブなど
何を目的に撃っているのだろう。
飛距離が伸びたのがうれしいのは分かるが、石蹴り競争じゃあるまいし
とにかく遠くへ飛ばせれればよいというものではない。
イスラエルに対して強い脅威感を植えつけることにはなるだろうが、
抑止という意味では逆効果だ。

ハマースは今回のロケット攻撃について犯行声明を出し、
4つの要求を停戦の条件として提示している(Middle East Eye 9Jul2014)。
(ただし宗教学生の誘拐事件については一貫して関与を否定)
1.西岸地区と東エルサレムでの一斉拘束をやめること、
2.ガザ地区への攻撃をやめること、
3.最近拘束された政治囚の解放、
4.ファタハとハマースの統一政権への動きを妨害するのをやめること、
がその内容だ。(録画はこちら

声明を出したということは、本来ならそれとの交渉で解決を図るはずだが
イスラエル政府は基本的に、ハマースとの交渉を拒否している。
(それはハマース側も同じだが)
ネタニヤフは予備役の招集、地上軍投入の準備など、長期化の用意を
ちらつかせ始めており、紛争は中長期化する気配を見せ始めている。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

錦田愛子

Author:錦田愛子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。